今でも多目的な用途で使う名刺にこだわりの印刷をオーダーしよう

できれば名刺作成は専門業者に依頼したい

ただの小さな紙切れなのに、非常に重要な情報が記載されていて広告宣伝効果もある名刺は、現在の企業活動において無くてはならないツールです。他の企業と比較対象になりやすいアイテムだけに細やかな配慮が必要です。
たまに見かけるのが、素人が作ったとわかってしまう名刺。最初のデザイン段階ではプロが制作していたのに、コスト削減の発想から、データを流用して総務の人が手作りするようになった名刺、なども含まれます。
例えば「フチ」のデザインで気づきます。端っこがちょっとだけ白く欠けている、囲みのフチ色がちょっとズレて印字されている、などは「あれっ?」と思うポイントです。専門業者や印刷会社が製造したものであれば検品で弾かれたり、万が一、印字ズレがあっても目立たないデザインで制作されていると思います。
紙にコシがない名刺も違和感を感じるポイントです。プロが作ったものは「紙の目」を計算し、手に持った感触を考えて製造しているはずです。名刺をもらった時、妙にフニャフニャするとなんだか頼りない印象を受けたりするのではないでしょうか。
名刺はその特性や使い道をよくよく考え、できればプロの手を借りてしっかりしたものを作りたいものです。

CONTENTS

できれば名刺作成は専門業者に依頼したい

ただの小さな紙切れなのに、非常に重要な情報が記載されていて広告宣伝効果もある名刺は、現在の企業活動において無くてはならないツールです。他の企業と比較対象になりやすいアイテムだけに細や…

Read More

名刺印刷で気をつける事

最近では、ネットを使って名刺などの印刷物を頼める時代になってきました。テレビのコマーシャルなども盛んに流れています。名刺に限らず、チラシなどフルカラーの印刷でも驚くほど速く安く印刷し…

Read More

自作も依頼もできる名刺作成

名刺は自分の名前を覚えてもらうだけでなく、社会人として自分をアピールするための道具でもあります。会社員の場合は会社から支給されるケースもありますが、そうではない場合でもパソコ…

Read More